Categories

>Column>綺麗な家にしてくれる外壁塗装業者をしっかり選んでいこう

綺麗な家にしてくれる外壁塗装業者をしっかり選んでいこう

塗装

広告などを見ますと、大阪でもリーズナブルな値段で外壁塗装を提供している業者は数々見られますが、実際の費用は塗装面積や劣化状況などでも大きく異なります。どれ1つとして同じ条件の家はありませんので、1社だけの広告を見て決めるのではなく、何社かに査定してもらい、見積書を見比べて決めるのが賢い選択方法です。また、基本的に外壁塗装は専門業者へ依頼した方が安くなりますから、少しでも安く仕上げたい場合は特に留意しておきましょう。例えば専門外の業者ですと、外壁リフォームは受け付けていても、自前で塗装職人を揃えていなければ、実際の施工は下請けへ業者などに回すのが通例です。専門業者以外では中間マージンが発生しやすくなりので、見積書を見て選ぶ時も、この点に注目されることをおすすめします。そして、塗料の特徴や工事内容など、見積書に提示されている項目をキチンと案内してくれるなど、信頼の置ける業者を選ぶことも大事です。

どれも同じに見える外壁塗料にも色々な種類があり、値段や耐久年数、それに機能性なども個々で違います。一例として、最も安い塗料はアクリル系ですが、これは耐久年数が7年前後と、主要塗料の中でも劣化が最も早く、今では殆ど選択されない塗料です。その上位に位置するウレタン系は、耐久年数が概ね7年から10年ほどあり、価格の安さも魅力になっています。とは言え、さらに上位の塗料の低価格化が進んでいるため、現在は値段的なアドバンテージがそれほどないかもしれません。そして1番人気なのがシリコン系となっており、10年から15年ほどの耐久力を持ち、コストパフォーマンスが良いことから、大阪でも支持されている塗料です。このほか、外壁塗装ではとりわけ高価になりますが、フッ素系は優れた耐久性で注目されていて、15年から20年は持つことで知られています。一方、近年ではラジカル系といった新しい塗料が登場しており、フッ素系に近い機能を持ちながら、値段はシリコン系に近いため、急激に人気が伸びている塗料です。大阪でより良い外壁リフォームを行う意味でも大切ですから、業者を決める際は、塗料も合わせて検討しておきましょう。

作業員